プチ整形

プチ整形 プチせいけい メスをほとんど使わずに、鼻を高くしたり、シミやシワを取ったり、二重まぶたにしたりする。腫れや内出血が少なく、術後すぐに仕事に戻ることが可能なケースもあり、エステティックの延長で手軽に受ける女性が少なくない。鼻やアゴの造作に使われるのはヒアルロン酸の注射。もともと、人間の表皮にあって、肌に張りをあたえる成分で、効果は約半年持続する。ボトックス(ボツリヌス菌の毒素)の注射によるシワ取りや、レーザーによるシミやシワ取り、特殊なナイロンの細糸を使って二重まぶたにする方法もある。皮膚を切開しての本格的な整形ではなく、効果はそれほど大きくないとされる。レーザーが皮膚に合わなくてやけどをしたり、ヒアルロン酸によるアレルギートラブルもゼロではないという。

(現代用語の基礎知識 2005 より)

Microsoft(R) Encarta(R) 2006. (C) 1993-2005 Microsoft Corporation. All rights reserved.



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。